ソフトウェアの海外オフショア・ラボ開発 BPO コワーキングスペース 松戸経済新聞

ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)

  • HOME »
  • ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)

ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)

一般的なBPOについて

BPOイメージ ビジネスプロセスアウトソーシング(以下、BPO)とは、企業経営で必要な業務を外部の専門会社に委託して核となるビジネスへのリソースの重点的な配置やコストダウンを図ることです。

 日本国内では、沖縄や北海道の安い人件費を使ったコールセンター運営などが例に挙げられます。効果としては、一般的なビジネススキルで遂行可能な定型業務などを外部委託し人件費を削減するとともに社員がより重要な業務に集中することができます。

 日本から海外へのBPOとしては、中国や東南アジア諸国が中心で、主に事務系の業務を委託する事例が増えています。

プロレイヤのBPO

プロレイヤのBPO プロレイヤは、IT企業ですので、コールセンターの運営をするわけではありません。インターネットサービスの運用に関わる部分やその周辺業務でのBPOを提案しています。

 実際のBPO先は、プロレイヤが提携するベトナム企業となります。BPOは半年からの期間を前提としておりますので、ラボ型BPOを提案しています。ラボの管理は、お客様が主体となって管理するプランとプロレイヤで管理するプランがあり選択いただけます。

 BPOの事例を以下に挙げます。業務はベトナムで行いますが、日本の企業からBPOを受ける場合は、当然日本語のスキルが必須となりますので、日本語の読み書きの能力を持ったリソースの配置をします。BPOの事例は以下のようになります。
プロレイヤのBPO事例

 HTMLコーディングや文字入力、画像編集などは、基本スキルとして提供できますが、作業で使用するソフトウェアの指定がある場合や動画編集などに関しては、別途トレーニングが必要となります。

プロレイヤのBPOの強み

ベトナムの提携企業
 プロレイヤには、ベトナム語を話す日本人スタッフとの日本語レベルがN1のベトナム人スタッフがいます。プロレイヤに管理を委託していただければ、ラボの立ち上げから稼働、運営までスムーズに進めることができます。

 また、お客様の要望に応じて必要なスキルを持った人材の現地募集などの採用活動も行います。

 以上のことから、言語上の問題で円滑なコミュニケーションの齟齬や希望するスキルを持った人材が確保できないためにお客様の希望するアウトプットがされないといったリスクを回避することができます。

価格について

ラボ型BPO
 基本労働時間は、週5日40時間となります。スキルセットや日本語レベルによって費用が決まります。ベトナムは法律で時間外の業務については手当が日本より高くなっておりますので、プロレイヤが管理する場合は稼働時間の調整をさせていただきます。
ラボ型BPO費用例

契約〜稼働までの流れ

 以下のフローにてラボの稼働を開始します。プロレイヤでは、稼働後の支援をさせていただきます。勤怠やメンタルケア、スキルアップなどベトナム人を熟知したスタッフが対応します。
契約〜稼働までの流れ

電話でのお問合せ TEL 047-711-8992 受付時間 9:30 - 17:30 (土日祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • facebook
Copyright © PROLAYER CO., LTD. All Rights Reserved.